ファイルメーカー ビジネスパートナー
認定コンサルタント
アドビ社 認定リセラー
セールスプロフェッショナル
日本HP社(日本ヒューレット・パッカード社)
認定 正規販売店

SEO・SEM対策提案

SEOは(Search Engine Optimization)=検索エンジンへの最適化を意味します。
SEMは(Search Engine Marketing)=検索エンジンを活用して集客する。ことです。
現在では様々なサービスが提供されるようになってきて、SEOと申し上げると今では多くの方がご存じでしょう。
弊社がこの分野に着目したのは10年ほど前になりますが、当時はSEO、SEMという用語の認知度が低く、技術的にも未熟な未発達な分野でありました。

多額の資金を投入すれば、上位表示されるようになりますが、費用対効果を考えるとそのような方法で上位表示されても、ビジネスとして得策では ありません。 上位表示されるためには、条件が変化しますし、複合的な対策が必要です。この分野においても多くの経験とノウハウをもち、実践し結果を出しております。

この分野の技術も年々進化していますので、古い考え方や方法論で対策をしようとすると、ペナルティが与えられるケースもありますので、1度スパムサイトにカテゴライズされると、 その後の浮上は困難を極めます。また、どんなに予算をかけた、デザイン性に優れたホームページであっても、潜在 顧客に見ていただかなくては、自己満足以外の何ものでもありません。

弊社は、スパム扱いされるような手法や、いたずらに被リンクを大量に貼るようなサービスを提供するわけではありません。
現在貴社のホームページがインターネット上でどのような状況に置かれているのかを分析したうえで、ご覧になるお客様にとって有用な情報が提供されているか、 またキーワードの選定が適正か、などを元に各業種や地域に合わせて的確な内部対策のアドバイスを行います。弊社で既存サイトの施工サービスも行っております。リニューアルされる場合にも、これらの内部対策を考慮した制作が可能です。

何件訪問があったか、閲覧されるページビュー数の勝負ではありません。確かに、SEO対策で数が増えればある程度顧客の反応やリターン、売上の向上には深く関わる数字ではありますが、 訪問数だけに着目していると、大事なところを見逃す可能性があります。
ビジネスとして大切なのは、「見られた数」の勝負ではありません。潜在顧客への有用な情報の提供がされており、適切にキーワードが網羅されているか、その結果、潜在顧客からの反応があり、 売上に結びつくことが大切と考えます。SEOの為の対策ではなく、有効な広告効果を提供できるか。売上に結びつけることができるかが最も重要ではないかと考えます。

貴社は何のためにホームページを出しているのか。を再度お考えください。
デザイン的にとても洗練された、いわゆる「カッコいいサイト」でも、 誰も見てくれなくては意味がありません。経営者様、担当者様の自己満足でよいなら、あまり関係ないことなのですが、 広告宣伝に活用したい。広告費を削ってでも、多くの潜在顧客に見ていただいて集客を増やしたい。売上増加に結び付けたい。という意図で出されているなら、是非弊社にご相談ください。